40代ダイエットで結果を出すには継続性が重要

20代中盤辺りから太りやすくなってきて、30代も半ばになると運動を行っても痩せる事が難しくなってきますし、40代はさらに脂肪がつきやすくて痩せにくい状態になりますから、20代の時のようなダイエットでは効果を得る事が難しいと言えます。

若い時期は代謝も良いですし、少し食べないだけでも一気に痩せてくれますし、運動を加えれば体型も美しく変わっていきやすいですが、40代ダイエットとなれば少し食べない程度では影響も無く、運動しても効果が出るまでに時間もかかるようになりますから、基本的には効果が出るまでに継続する事が必須です。

だからと言って40代ダイエットを諦める必要は無く、まだまだ働き盛りで体を調整すれば若い時のように綺麗なラインを作る事も可能であり、運動不足ならば体が硬くなってきて、体力も筋力も低下してきていても、動いていれば体の柔軟性は取り戻せますし、筋肉も体力も付いてくる年齢です。

痩せにくいからと諦めてしまうとさらに体型は変わってしまいますし、40代ダイエットはまだまだ結果が出る時期ですから、定期的な運動を生活に組み込んでいく事が有効です。

例えば急激に1日だけ運動を行って、6日休んで週末の休みの日だけまた急激に運動を行うというのは結果が出ないですし、心身が疲れてしまうだけですから、コツコツと続けていける運動を繰り返す事が重要です。

40代は基礎代謝低下に伴って痩せにくいですから、週に1度程度の運動では効果が無いですし、やらないよりはマシではあってもダイエットとしての結果を出すには週に3日以上は運動を行う事が必要です。

有酸素運動と筋トレを組み合わせていく事が必要であり、筋肉を付ければ代謝が高まり、筋トレ後に有酸素運動を行うとより効率的に痩せる事が可能になります。

有酸素運動も筋トレも3日に一度程度行う事が望ましく、筋トレに関しては毎日行うのではなく2日以上の間隔を空けた方が有効になりますし、上手く筋トレと有酸素を組み合わせて継続性を持って運動する事です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ