利率2万倍!?加藤ひろあきのミリオネアインベスターズクラブ

利率2万倍!?加藤ひろあきのミリオネアインベスターズクラブ

今回紹介するのは、加藤ひろあきのミリオネアインベスターズクラブになります。
「超・簡単作業をたった4回行うだけで初期資金5,000円を最低1億368万円に100%誰でも必ず増やせる」という嘘のような話ですが、実際内容はどのような物なのでしょうか?

特定商取引に基づく表記

まずは特定商取引に基づく表記から見ていきましょう。

販売業者 合同会社 Clear&Generations
運営責任者 加藤 ひろあき
住所 東京都千代田区岩本町3-10-7 東自機ビル7F
メールアドレス info@solicit-ep.com
URL http://m-i-club.com/htm/lp10111
お申込み方法 販売ページ内の申込フォームよりお申し込みください。

電話番号の記載がありません。こういった場合、もしもトラブルになった時には大変ですので、事前に確認が必要でしょう。
運営責任者の名前がひらがなというのも少し疑問があります。
インターネットビジネスの商材にはよくあるのですが、過去に商材を販売しております。
悪評が多いのでひらがなに改名しているケースや、個人を特定できないような準備として名前を変えるケースもあるようです。
事前にチェックしておきましょう。

どんな内容?

このミリオネアインベスターズクラブは、仮想通貨の案件のようです。
断定はできませんが、動画内で「転売やアフィリエイトの類ではない」という表現がありますし、4回の作業で5,000円が1億円以上になるという事ですから、ICOの案件である可能性が高いです。

ICOとは、仮想通貨取引の一つで、まだ取引所などで取引ができないようなアルトコインを開発者から直接安値で買って実際に市場に出回った時に利益を得るといった投資方法になります。
開発者としても開発資金としても使用できますし、事前に購入が決定している人が多い方が公開後も安心できます。
投資をする人としても事前に購入する分安い金額で手に入るので、利幅が大きくなります。株式投資などでもIPOと呼ばれる未公開株の投資は昔から人気があります。

具体的に内容を公開していない

動画内では、転売やアフィリエイトなどではないという事を強調はしていましたが、実際にどのような物で稼げるのかという事は公開していません。
本来きちんとしたICO案件であれば、他の仮想通貨とどのような差別化をしているのかや、上場が決定しているのか、そのスケジュールなどを公開するのが一般的です。
開発者としても、より多くの人に使ってもらうことが仮想通貨の価値ですから、使用することのメリットを話すべきでしょう。
また、多くの人が公開後に使用することになれば、その分値上がりもするので、ICO参加者にとってもメリットがありますから、そういった情報はどんどんと公開するべきです。
しかし、今回のように情報を公開しないというのは、何か疑問が残ります。

4回ICOで成功が条件!?

もしも今回の案件が仮想通貨のICOであるなら、1回の購入後、それを値上がりするまで保有していれば、価格が高騰するはずです。
しかし、1回30分の作業を4回するだけで・・・とあります。

また仮想通貨のICO案件と考えてもおかしいほどの利率を約束しているので、もしかしたら、この4回の作業というのは、ICO自体を4回購入するという事なのかもしれません。
1回で仮に10倍になるICOに4回連続で投資ができれば、1,000倍になりますから、5,000円は500万円になります。ICOの値上がりが12倍であれば、5,000円は1億368万円となります。
実際に今回のキャッチコピーと同じ数字になります。という事は、12倍になる可能性のあるICOに4回投資をするという事も考えられるのではないでしょうか。

ICOの成功率は非常に低い

ただし、個人的にも注意が必要だと思っているのは、仮想通貨のICOというのは、成功率が非常に低いという事です。
私が知っている案件でも、そのほとんどがICOとしてお金を集めたものの、最終的に上場することなく消えていきました。
もちろん、上場ができなかった場合には、その通貨の価値は上がらないままですから、一向に利益は出ませんし、最悪の場合それらを出金することさえできずに業者と連絡が取れなくなっているケースもあります。
このミリオネアインベスターズクラブがそうだとは限りません。
ですが、4回連続でICOで成功するというのは
よほどの先見の明や人脈、知識がないとできないことでしょうから、もしもあなたが参加する際には注意しておきましょう。

加藤ひろあきのミリオネアインベスターズクラブのまとめ

今回は、加藤ひろあきのミリオネアインベスターズクラブについて見てきました。
内容としては確定ではないものの、2万倍以上もの利率を出すという案件ですから、かなり慎重に考える必要があるかもしれません。

一見キャッチコピーを見ると、「5,000円だったら損しても良いから挑戦してみよう!」と思えるかもしれません。
ですが、その際にコミュニティへの参加費が高額だったり、別途初期費用などが掛かるケースもあります。
そのため、本当に稼げるという確信がない場合には参加は考え直した方が良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です