有本周平のWe Can Fly Projectは本当に稼げるのか?徹底検証!

有本周平のWe Can Fly Projectは本当に稼げるのか?徹底検証!

We Can Fly Projectを徹底検証!

最近は突然暑くなったり、涼しくなったり、豪雨が襲ってきたりと体調を崩しやすい天候が続いていますが、皆さんは無事でしょうか?私は何事もなく健康的に過ごせています。

というわけで今日も元気に情報商材をレビューしていきたいと思います!

今日取りあげるのは有本周平のWe Can Fly Projectというオファーです。相変わらずこの手の情報商材は名前からどんな仕事内容なのか想像できませんよね。

オファーページを見ると最初から強烈なワードで始まっていますね。「会社はきみのことなんてどうでもいい。」さらに「僕があなたを絶対年収1億円を超えるステージまで引き上げます!!」と書かれています。本当なら凄いですが、We Can Fly Projectは本当がにお金が稼げる内容になっているのでしょうか?

さっそく検証していきましょう!

We Can Fly Projectはどうやって稼ぐの?

まず無料オファーページをみても何をするビジネスなのか汲み取れるような情報は一切ありません。

しかし、ページを下の方にスクロールしていくとある一文が目につきます。それは「僕の初めての成功体験はiPhone4のケースを海外から2万円で仕入れて2万8000円で売ったことです。」という部分です。

「この時、僕はカゴから飛び出す勇気を持てたんです。」という言葉が書かれていることからWe Can Fly Projectは十中八九、転売ビジネスだということが予想できます。

またこのノウハウを提供している有本周平さんが過去にも転売系ビジネスの情報商材を販売している事から間違いないでしょう。気になる方は検索してみてください。

We Can Fly Projectは信頼できるのか?

いよいよ本題の、We Can Fly Projectが本当に稼げるのか?信頼できるのかと言う点の検証に入りたいと思います。

まずWe Can Fly Projectの特定商取引法に基づく表示から確認していきましょう。
まず、無料オファーページにはお問い合わせ先の電話番号も住所もありませんね。この時点でかなり信用度は低いと言えます。さらに会社名すらありません。個人でやっているという事なのでしょうか?

いえいえ、そんなことはありません。よくある詐欺商材の手口として無料オファーページに詳しい情報を置かず、メルマガに登録するような見込みのある客に対してのみ公開する場合があります。

We Can Fly Projectも例に漏れず、そのタイプです。
詳しい特定商取引法に基づく表記は下記のとおりです。

販売URL   http://we-can-fly.net/lp/wecanfly/
販売会社   株式会社ABC
販売者    沢村慎吾
所在地    東京都三鷹市北野1−9−12
電話番号   03-6304-7322
アドレス   info@we-can-fly.net

表現、及び商品に関する注意書き
本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

全額返金保証について
※ 動画および、コンテンツの学習率が100%であること。
本プロジェクトのポータルサイトではコンテンツの学習状況を把握するため、 学習率を計測させていただいております。
※ セミナーに参加している、もしくは参加していない場合はポータルサイトにコンテンツとして設置しております各セミナーの学習率が100%になっていること。
※ 「理解しました」「わかりました」などの一言コメントではなく、 学んだ内容についてしっかりとコメントしてあること。
※追加コンテンツにもコメント、もしくは課題がある場合は必ず提出していること。
2,わからない事があり次第、その都度ポータルサイト内の質問フォームより しっかりと質問をしていること。
※ やりとりエビデンス(エビデンス=証拠)を取得しています。
3,実際に指示通りにコンテンツを使用し、実践したが1円も稼げなかった場合は、コミュニティ参加金額を全額返金いたします。
4,ノウハウ、コンテンツは現時点(2016年10月20日)のものとなります。 よって法律の大幅な改正や状況の変化が発生することに対しての返金は受け付けないものとします。
5,自己都合及び、資金不足による返金は受け付けないものとします。
※全てのID、PWは自己責任で管理を行うこと。

調べてみるとびっくり、表現、及び商品に関する注意書きと全額返金保証で目玉が飛び出ました。We Can Fly Projectという名前を冠しているにも関わらず、どこかでコケた時に1円でも稼げていたら返金しない。さらに必ず効果を保証するものではないと書いてあるのです。

特定商取引法に基づく表記の時点でガッカリですが次はオファー内で語られている3種の神器についてです。
ここで言う3種の神器とは…
・即日錬金シート
・マネープロテクトキー
・パーフェクトレバレッジプロデュース
の3つです。

即日錬金シートは、シートに書かれている内容をそのまま実行すれば、即日20~30万円を作ることができるというもののようです。(これだけでいいのでは?)これはおそらくですが自己アフィリのノウハウ提供だと思われます。

次にマネープロテクトキーですが、PCに挿すだけで3カ月で30万、半年で50~100万円を達成できるシステムとのことでした。まずPCに挿すだけでお金を稼ぐツールなんて普通に考えて無理ですし、挿しただけで銀行口座や転売在庫の管理をされてはたまりません。全自動で動くような代物では無いと予想できます。しかも3カ月で30万なんて即日錬金シートの1日分にしかなりませんから言っている事がちぐはぐです。

最後にパーフェクトレバレッジプロデュースですが、集客や商品販売を全て代行するサービスとのことのようです。ちなみに内容は売上3000万円保証するそうです。誇大広告の塊ですね。

さらにこの3種の神器よりも大切な最後の神器があるそうです。バラしちゃいますがそれは「仲間」だそうです。言い事を言っているように聞こえますが、おそらくは仲間の参加者の集客をお前も手伝えということだと思います。

ちなみにこのオファー、結局何を売るとかそういう話はしていないんです。このくらい稼げます!という話のゴリ押ししかしていません。

駄目押しに動画に出ているインタビュアーを見ていきましょう。
二谷誠、木村智広と詐欺情報商材のインタビュアーと言えばという有名人が二人も出て来ますね。もう詐欺とか詐欺じゃないというレベルではなくバックエンドがいくらかというレベルになってきました。

転売系ビジネスと言う事ですからシステムの販売や何かの利用料というようなバックエンドは用意しないでしょう。おそらく高額塾の勧誘に発展すると思います。

動画が気になる方は下に用意したのでご覧ください。先に言っておくと時間の無駄にしかならないのでオススメしません(笑)

第1話

第2話

第3話

第4話

第5話

最終話

動画内で名前が出ているので、もうバラしてしまいますがWe Can Fly ProjectはWe Can Fly Academyという高額塾に発展することが分かっています。

気になる販売価格はなんと…
通常  ¥500,000
2日以内 ¥300,000

この後に更に大きなバックエンドが存在している可能性も否定はできません。
ではWe Can Fly Projectの評価に移りましょう。

We Can Fly Projectを判定!

判定

ここまでみてWe Can Fly Projectは絶対に稼げるオファーだ!と言う人はおそらく居ないでしょう。いや、いないで欲しい!

以上のことから有本周平のWe Can Fly Projectを

極悪非道な詐欺商材とします!

こんなうさん臭いオファーに引っかかる人が一人でも少なくなる事を心から願っています。

それにしても有本周平って関暁夫さんに似てませんか?儲け話や都市伝説を語る人は、ああいう顔になるんでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です